サービスメニューの選択

Wi-Fi化をご検討するにあたり、どのポイントを重視していますか?

重視するポイント おすすめプランとグレード
低コスト最優先
(インターネットのみの利用)
通常プラン コントローラ型プラン
スタンドアロン型Aプラン
スタンドアロン型Bプラン
利用客のフリーインターネットがメイン
(セキュリティは一般的なレベルでよい)
通常プラン コントローラ型プラン
スタンドアロン型Aプラン
スタンドアロン型Bプラン
業務用ネットワークとして使用したい
(セキュリティは一般的なレベルでよい)
通常プラン コントローラ型プラン
スタンドアロン型Aプラン
スタンドアロン型Bプラン
音声系を利用したい
(スマートフォンを内線電話機として利用したい)
※スマートフォンが収容可能なビジネスホン・PBX等が必要となります。
通常プラン コントローラ型プラン
スタンドアロン型Aプラン
スタンドアロン型Bプラン
高セキュリティプラン
※別途ご相談ください
セキュリティ最重要 高セキュリティプラン
※別途ご相談ください

通常プランでおすすめするメーカー及びスペック等は以下の通りです。費用等についてはお問い合わせください。

コントローラ型プラン スタンドアロン型Aプラン スタンドアロン型Bプラン
アクセスポイント(AP)
の特徴
  • 複数のAPをコントローラが一括制御します。
  • AP間のローミング(エリア間移動)がよりスムーズになります。
  • 1つのAPに負荷が集中した場合に、コントローラが負荷分散を行います。
  • それぞれのAPが自律的に制御を行います。
  • APを個別に管理しなければならないため、APの台数が増えると管理が煩雑になります。
  • AP間のローミング時に通信断となることがあります。
メーカー※ NTT-AT(4ipnet)、aruba networks、ELECOM、BUFFALO、ミライト情報システム(Alvarion)
※お客様の希望されるメーカーでのご検討もご相談承ります。
スペック等 ▽コスト面
  • コントローラ型の構成において比較的安価に構築可能
▽接続品質
  • 音声通話利用時に品質が比較的よい
  • AP間移動時にスムーズに切替可能
▽構築面
  • 高セキュリティ型へのグレードアップが可能(RADIUSサーバ追加導入により)
▽通信層度
  • 11ac(1,300Mbps)対応有
▽構築面
  • PoEパススルー対応機器有
▽管理面
  • AP管理ツール無償配布あり(死活監視のみ可能)
 
▽通信速度
  • 11ac(866Mbps)+n/g/b(300Mbps)対応有
▽構築面
  • PoE対応機器有
▽コスト面
  • 安価にWi-Fi構築が可能
主な機器構成 アクセスポイント(AP)
給電HUB(PoE)
コントローラ
アクセスポイント(AP)
給電HUB(PoE)
アクセスポイント(AP)
給電HUB(PoE)

どれぐらいの広さのスペースのWi-Fi化をご検討中ですか?  <参考>無線AP設置台数の目安

規模 規模イメージ例
(参考)
面積例
(㎡)
AP数の目安
(無線アクセスポイント)
小規模

大規模
ビジネスホテル1部屋サイズ 15 1~2
小規模事務所
(10名程度の1フロア)
50
教室(1部屋) 66
コンビニ1店舗サイズ 115 2~5
ホテルのロビー 100
カフェ・レストラン 250
アパート(2階建×4戸)   5~10
オフィス1フロア 600
体育館 1,500
ホテル(5階建×6室)   10~50
小学校(3階建) 3,200
病院  
オフィスビル(5階建) 4,000
工場・倉庫  
商店街  
サッカー場 8,000 50~
野球場 15,000
閉じる